ミャンマー

●一人当たりのGDP : 1,268.676US$
 (2015年10月IMF試算値 日本は32,480.66US$)
●森林率 : 44% (2015年FAO公表値 日本は69%)

 

子どもたちの「自然を愛する心」を育みながら地球緑化を進める「子供の森」計画。ミャンマーでは経済成長が高まるにつれて、都市部のヤンゴンでは車が増え渋滞も多くなっています。また2015年8月には、ミャンマー国内を北から南へ流れるイラワジ川が氾濫し、沿岸部ではひどい洪水に見舞われました。北部で続く森林伐採がその原因の一つと言われています。一方で、オイスカが活動を行っている中央乾燥地帯では、依然として水不足の問題を抱えています。

ミャンマー担当 バン
ミャンマー担当 バン

 「子供の森」計画の活動では、乾燥に強い樹種の苗木を植え、貴重な水を大切に使いながら管理を行っています。また地域の環境を守るためゴミ拾いや分別の指導を行ったり、12月には、森や自然のことを学ぶために「ふるさとエコキャンプ」を行いました。
 今後も子どもたちが自分たちのふるさとを守るために主体的に行動できるよう、活動を展開していきたいと思います。ミャンマーの未来を守る子どもたちの活動に引き続きご協力お願いします。

●2015年度植林実績:315本・面積0.1ha 
累計(2001年から) 植林27,587本 面積12.72ha

 ●2015 年度に植えた主な樹種

ニーム、ビルマネム、タマリンドなど

●「子供の森」計画参加学校数:67 校(2001 年からの累計値)

2016年

11月

01日

2016.09 CFP Goodwill Ambassadors

 9月14日~24日に「子供の森」計画子ども親善大使としてミャンマーとモンゴルから子どもたちを招聘しました!ミャンマーからはアッくん、イーちゃん、モンゴルからはドゥルグーノーくん、スーギーちゃん、ツァツァちゃんが子ども親善大使として来日。各所でそれぞれが取り組む活動の報告をするとともに、同世代の子どもたちや支援者の皆さんとの交流を楽しみました。

 

続きを読む

2016年

9月

01日

2016.8 Myanmar

昨年に続いて300本植えました!

8月30日 Htan Pin Chaung学校で、植林活動を行いました。この村は、DOAオイスカセンターの真西エサジョ郡の西端にある村です。

昨年、学校から水を汲みに行く池までの道沿いに植林しましたが、残念ながら、雨がほとんど降らず乾燥が厳しかったため大分枯れてしまい、今、生き残っているの木は26本となりました。
続きを読む

2016年

8月

30日

2016.9 CFP Ambassadors

ミャンマーとモンゴルの森づくりに参加する子ども代表が来日。報告会を行います!

「自分たちの国の環境を守りたい」、そんな思いで日々「子供の森」計画の活動に取り組む現地の子どもたち、そして現地人スタッフが、各国の環境問題や自分たちが参加している森づくり活動の様子を直接報告します。

続きを読む

2016年

8月

04日

2016.8 Myanmar-3

ミンガラバー!(こんにちは!)

私の一日を紹介します。

私はカンサト小学校で「子供の森」計画に参加している6年生のテスウェンです。学校までは歩いて10分くらいです。学校は朝の8時半からお昼の3時45分までです。ふるさとには小さな森があり、涼しいので休みの日は森に入って遊んでいます。私の一番好きな活動は木を植えることです。木を植えると実や葉っぱを食べることができるからです。今後も木を植えて、緑を増やして気持ちのいい村にしたいです。将来は学校の先生になって「子供の森」計画を進めていきたいです。

続きを読む

2016年

8月

04日

2016.8 Myanmar-2

村の子どもたちは皆とても元気!
村の子どもたちは皆とても元気!

木を育ててみんなと遊ぶ場所に 

メーピュー小学校は生徒数30名の小さな学校ですが、「子供の森」計画への理解が非常に深く、活動にとても熱心です。学校周辺は比較的土地が豊かなため、唐辛子や豆など多種多様な野菜を栽培することができます。活動を始める前は、コーディネーターが学校を訪問し、活動の紹介を行いました。最初は学校の先生や村の人々に環境の大切さを話しても、なかなか理解を得ることは困難でした。また学校は村のはずれにあるため、せっかく植えたパパイヤが理解のない村人によって切られてしまったこともありました。

続きを読む

2016年

8月

04日

2016.8 Myanmar-1

苗木を一本ずつ持って、これから植林!
苗木を一本ずつ持って、これから植林!

先生になって子どもたちに伝えたい 

タンピンチャウ小学校は生徒数252名の学校です。この地域は、雨が少なく、飲み水に困るほど水が不足しています。畑も難しいため、村人の多くがヤギを飼ったり、都市部に出稼ぎに出たりして生計を立てています。

続きを読む

2016年

3月

17日

2016.3.Myanmar

国営新聞の全国版でカラーで紹介されました!
国営新聞の全国版でカラーで紹介されました!

2015年12月に各学校の子どもたちを集めて合同研修(エコキャンプ)を行った様子が新聞に掲載されました!

コーディネーターのバンさんが訳してくれました。概要訳は下記のとおり。

*****************

今地球では、気候変動、種の絶滅などの問題があり、環境が悪くなっています。なので環境を守る必要があります。もし守らなかったら、地球はどんどん悪くなるでしょう。生物の種の多様性が失われ、生態系も壊れていきます。 環境を良くするために、植林するのは一番大事な仕事です。世界中で、森がなくなっているので、「子供の森」計画(以下、CFP)のプログラムで木を植えていくことはとても重要です。

続きを読む

2015年

8月

30日

2015.8 CFP Ambassadors

以前は中学校だった建物を活用して作られた町営の宿泊施設「ヘルシー美里」に皆でお泊り!
以前は中学校だった建物を活用して作られた町営の宿泊施設「ヘルシー美里」に皆でお泊り!

4か国から子ども親善大使が来日!

グローバル「子供の森」サミットin山梨                                       7月30日~8月9日、「子供の森」計画子ども親善大使として、インド・パプアニューギニア・マレーシア・ミャンマーから子どもたちの代表8名が来日しました。8月2~3日には、初の試みとして、日本の子どもたちと合宿スタイルの学び合いプログラム”グローバル「子供の森」サミット”を山梨県早川町にて開催!日本と海外の子どもたちが寝食を共にしながら、それぞれの国の自然や環境問題、文化について学びあいました。

続きを読む

2015年

8月

18日

2015.8 CFP Ambassadors

国連大学GEOCにて民族衣装姿で報告会を行いました
国連大学GEOCにて民族衣装姿で報告会を行いました



インド・マレーシア・ミャンマー・パプアニューギニアの子ども親善大使が来日しました!!                                      2015年7月30日~8月9日にかけて、今年度は初めてとなる「子供の森」計画(以下、CFP)子ども親善大使招聘事業を行い、それに合わせてインド、マレーシアそしてミャンマー、パプアニューギニアから子どもたちが来日しました。 インドからはレアさん(16)、サクシャンくん(14)、マレーシアからはエルシーさん(11)、ヌルルさん(11)、ミャンマーからはシンタンくん(12)、メイさん(10)、パプアニューギニアからはザックくん(15)、キャッシーさん(14)が、子ども親善大使として来日。東京、山梨、千葉、北海道を訪問しました。

続きを読む

2015年

6月

11日

2015.8 CFP Ambassadors

<参加者募集>オイスカ活動報告会

~「子供の森」計画 4か国の子どもたちによるリポート~

日程:2015年8月4日(火)   

時間:15:00~17:00

場所:地球環境パートナーシッププラザ

参加費無料

 

7/30~8/7、インド、マレーシア、ミャンマー、パプアニューギニアで木を植え育て、環境問題について学んでいる子どもたちを親善大使として日本に招聘し、東京都、山梨県、北海道の各地で環境をテーマにした報告会や交流会を実施します。一行は、来日期間中、環境問題や自然環境に関する相互発表や文化交流など日本の子どもたちと共に参加し学びあう環境教育プログラムに参加するほか、日本の技術や伝統文化を学ぶ体験活動を行う予定です。

また、8月4日(火)には、オイスカ活動報告会を開催。今回の報告会では、平成26 年度の活動報告に加え、来日した4カ国の子どもたちより、現地の環境問題や植林活動等についてのレポートを行います。

続きを読む

2015年

5月

11日

2015.5 Myanmar-3

 ミンガラバー!(こんにちは)

僕の一日を 紹介します。

 僕は、タンウー中学校で「子供の森」計画に参加している12歳のシンタンです。僕の学校は毎日8時半に始まり、15時15分まで授業があります。大きな休みは、3月の終わりから5月終わりまでの2ヵ月間で、6月に新学期が始まります。村の自慢は、近くの森です。ユーカリの森の中には、雨が降る時期にはキノコも生えます。キノコを友達と採りに行って、夕食のおかずにするときもあります。30年ぐらい前にはウサギがたくさんいたそうですが、今は時々見かける程度です。「子供の森」計画に参加して 、「ふるさと」の意味が分かるようになりました。私たちのふるさと地球を守るためにも、まずは私の村に緑を増やすことから始めたいと思っています。

続きを読む

2015年

5月

11日

2015.5 Myanmar-2

植えた木の管理も大切に行っています
植えた木の管理も大切に行っています

     子どもたちに生まれた変化

 コッコスー中学校は、前任校で「子供の森」計画に参加していた校長先生が赴任したことをきっかけに、2013年から「子供の森」計画に参加しました。始めに活動のこと、そして環境を守る大切さを分かりやすく伝えるために、コーディネーターが学校に行き、子どもたちに劇を披露しました。また、木の重要性やゴミの問題
について、絵を使いながらセミナーを行いました。こうして活動への理解が少しずつ進んだところで、2014年の8月には薬になるニームや薪として使われるシリスなど46本の木を学校の敷地に植えました。

続きを読む

2015年

5月

11日

2015.5 Myanmar-1

学校や地域でゴミ拾いも行っています
学校や地域でゴミ拾いも行っています

   学校に小さな森ができました!

 タンウー中学校が「子供の森」計画に参加したきっかけは、子どもたちの声でした。小学校のときに活動に参加していた子どもたちが、中学校でも活動を続けたいと希望したことから参加が実現しました。生徒数が多いこの学校では、教室が不足し時々外で授業を行っていますが、以前は日陰が無く、暑くて埃も多いため勉強するには辛い環境でした。2012年から植林を始め、水やりなど管理を続けた結果、今では植林したところが小さな森になりました。子どもたちも今は、木の下で勉強したり、遊んだりすることができます。2014年の活動では、水を大切に使いながら、前年度に植えた木の管理やごみの分別に力を入れました。

続きを読む

2014年

10月

22日

2014.10 CFP Ambassadors

インドネシアの活動報告をする子どもたち
インドネシアの活動報告をする子どもたち

インドネシア・ミャンマーから

子ども親善大使が来日しました!


2014年10月1日~11日にかけて、今年3回目となる「子供の森」計画(以下、CFP)子ども親善大使招聘事業を行い、それに合わせてインドネシアとミャンマーから子どもたちが来日しました。


インドネシアからはプトリさん(13)、フェニックスさん(10)、ミャンマーからはピョーくん(10)、ティンさん(10)が、子ども親善大使として来日。東京、埼玉、高知、香川、愛媛を訪問しました。

続きを読む

2014年

4月

15日

2014.4 Myanmar-3

ミンガラバー(こんにちは)! 私の一日を紹介します。

ミャンマーで「子供の森」計画に参加しているティンティンです。学校へは自転車で20分かけて通っています。土日はお休みですが、7月ごろから10月ごろまでお坊さんの雨安居(うあんご)という行事に合わせて満月の日とその前日がお休みになります。

続きを読む

2014年

4月

15日

2014.4 Myanmar-2

奥に見えるのが学校の校舎。子どもたちの学習環境を守るためにも植林が必要
奥に見えるのが学校の校舎。子どもたちの学習環境を守るためにも植林が必要

『ようこそ!「子供の森」計画へ』
~2013年度新規参加校紹介~

ミャンマーでは経済や社会の発展とともに環境教育の重要性も認識されつつありますが、どのように子どもたちに対して環境保全の大切さや植林の方法などを教えるかは、多くの学校が手探り状態です。フーロン高校もそんな学校の一つでした。そんな時に「子供の森」計画のコーディネーターが学校を訪問し、「子供の森」計画について説明をしたところ、校長先生が子どもたちのためにもぜひ参加したいということで早速活動を始めました。

続きを読む

2014年

4月

15日

2014.4 Myanmar-1

子どもたちと先生たちの努力の成果です!
子どもたちと先生たちの努力の成果です!

『緑豊かでゴミのないふるさとを目指して』


「子供の森」計画のコーディネーターが訪問したことをきっかけに、2011年に活動を開始したカイン小学校。学校の敷地内には木が数本生えているだけでした。多くの家庭でヤギを放し飼いしているため、植林をするたびにヤギに木を食べられてしまうということが繰り返されていました。

続きを読む

2014年

1月

29日

2014.1 Myanmar-1

メモをとりながら森を観察!
メモをとりながら森を観察!

身近に感じる自然に大興奮!

ミャンマー

2013年12月、ミャンマーで昨年に引き続き2回目となるワークキャンプを実施しました。キャンプには、「子供の森」計画に参加しているパコック県の全 17校から、それぞれ学校を代表して2~3名の子どもたちが参加。全部で42名の子どもたちがオイスカ・ミャンマー農業研修センターに集い、4泊5日の キャンプを楽しみました。子どもたちはセンターでの農業体験や、森の中でネイチャーゲームを体験。

続きを読む

2013年

11月

08日

2013.11 Myanmar

ミャンマー ミラチャ小学校の子どもたち
ミャンマー ミラチャ小学校の子どもたち
続きを読む

2013年

4月

19日

2013.4 Myanmar-1

オイスカミャンマー
「子供の森」計画が大きく紹介された国営新聞

『新聞で「子供の森」計画が紹介されました!』

ミャンマー

先月、ミャンマーの国営新聞(3月18日付)に「子供の森」計画の紹介記事が載りました。
オイスカが活動するイェサジョ郡在住の新聞記者の方がセンターの活動にとても興味をもって下さり、記事が登場することに!「子供の森」計画や去年実施されたワークキャンプについてのインタビューが現地のセンターで行われました。スペースも大きく紹介された記事をご紹介します!

 

続きを読む

2013年

4月

12日

2013.3 Myanmar-3

自然の風景を描き、日本の皆さんに送りました。
自然の風景を描き、日本の皆さんに送りました。

『"子供の森"のリーダーになるために!』

ミャンマー

2012年12月、“Love Furusato”をテーマに、ミャンマーでは初のCFPワークキャンプを実施しました。オイスカ・ミャンマー農林業研修センターを会場として、最初に12校24名(低学年)が、次に8校16名(中高学年)がそれぞれ3泊4日のキャンプに参加しました。循環型農業への取り組み、ごみの分別、食事を残さず食べることなど、環境に配慮したさまざまな活動を体験できたことは、子どもたちにはとても刺激的だったようです。

続きを読む

2013年

4月

12日

2013.3 Myanmar-2

大きく成長した木々が校舎へと導いてくれます。
大きく成長した木々が校舎へと導いてくれます。

『子どもも大人も興味津々!』

ミャンマー エサギョー

2009年から「子供の森」計画に参加した同校では、これまでに学校の敷地と村の入口に合計320本の木を植えました。1年目に敷地内に植えた木はほとんど枯れることもなく、今ではすっかり大きくなりました。これも、子どもたちが毎日よく木を観察し、手入れをしてきた成果です。いよいよ実がつき始めた5本のパパイヤの木も、子どもたちはその実を数えながら大きくなるのを楽しみに待っていました。

続きを読む

2013年

4月

12日

2013.3 Myanmar-1

『楽しく活動していきます!』

ミャンマー エサギョー

タンピンチャウン小中学校は、2012年に新たに活動を始めた学校です。2haほどある敷地内にはそれまで十数本の木があるのみでしたが、インドセンダンやネムを中心に205本の木を植えました。

続きを読む

2012年

2月

29日

2012.2 Myanmar-2

四つのグループの代表が四つの誓いを発表
四つのグループの代表が四つの誓いを発表

『英雄になるための4つの誓い』

ミャンマー エサギョー

ミャンマーの小学校では、児童全員が4色(黄、緑、赤、青)のグループに分かれて国旗掲揚などの校内作業を週交代で分担して行っています。この4色はミャンマーの歴史上の英雄を表す色でもあり、子どもから大人まで親しみのある色です。2011年、ミャンマーの「子供の森」計画ではこの4色のグループ分けに習い、水(飲み水管理)、清掃(ゴミの管理)、トイレ(衛生的な使い方)、環境(植林した木の管理)の4グループに分かれて取り組みを行いました。そして、今年の参加校の中で最も活動が活発であったのがこのカンサトー小学校です。この学校は08年から「子供の森」計画に参加しましたが、最初の数年はあまり積極的な取り組みが見られませんでした。今年は、それぞれ4つのグループの活動を英雄のような立派な大人になるための4つの誓いとし、グループ分けされた上級生が下級生を指導しながら取り組みを進めました。その結果、校内はとても管理が行き届いて見違えるようにきれいになり、先生や親たちも驚くほどでした。英雄になるための4つの誓いを胸に、今日も子どもたちは頑張って活動をしています。

続きを読む

2012年

2月

29日

2012.2 Myanmar-1

記念品を受取る子どもたち
記念品を受取る子どもたち

『祝!オイスカミャンマー「子供の森」計画10周年記念最優秀校に選ばれる』

ミャンマー エサギョータウンシップ

2011年、オイスカが創立50周年を迎えた記念の年に、ミャンマーでの「子供の森」計画は10周年を迎えました。2001年に開始したミャンマーの「子供の森」計画は、当初2校からスタートし、その後はセンター周辺の村々に活動を広げ、11年までの10年間に累計57校で実施してきました。そして、7月にミャンマー農林業研修センターで行われたオイスカ創立50周年並びに同センター設立15周年を祝う記念式典の場で、これまでの10年間で最も優れた活動を行ってきた学校としてサインティ小学校が表彰されました。2007年の活動開始当初は、大きな樹木がほとんどなかったサインティ小学校の校内には、5年が過ぎた現在では大きく成長した木々が茂り、子どもたちの憩いの場となっています。学校も村も規模は小さいですが、先生と子どもそして村人が一つの気持ちで取り組んだ大きな成果と言えるでしょう。また、11月にはミャンマーの代表校として日本の経団連自然保護協議会の方々の訪問を受け、村人たちも含めた交流会や記念植林を行いました。

続きを読む

2011年

7月

02日

ミャンマーの「子供の森」計画10周年

2001年の植林の写真  植林した木とチョースエリン君(当時6歳)
2001年の植林の写真 植林した木とチョースエリン君(当時6歳)

ミャンマー:パコック県

オイスカセンターのあるミャンマーの中央乾燥地帯は、年間降水量が平均400mm、暑季(3〜5月)には気温が45℃まで上がる大変厳しい環境の場所です。そのような環境で生育できる樹種は限られているため、森林はなく周辺にはまばらな灌木地帯だけが広がっています。

続きを読む

2011年

7月

02日

継続は力なり

何もなかった場所が緑でいっぱいになりますように
何もなかった場所が緑でいっぱいになりますように

ミャンマー:パコック県

ミャンマーでは2001年のCFP開始以来、センター周辺の小中学校だけを対象に活動を実施してきました。その理由はこの国の教育環境にあります。ミャンマーでは、小・中・高校がそれぞれ単独で設置されているのではなく、村の規模により小学校のみの学校から高校まで併設というように分かれています。そして、高校まで併設の学校は比較的規模の大きい村にあるため、これまでは対象としていませんでした。

続きを読む