2015年

5月

11日

2015.5 Myanmar-1

学校や地域でゴミ拾いも行っています
学校や地域でゴミ拾いも行っています

   学校に小さな森ができました!

 タンウー中学校が「子供の森」計画に参加したきっかけは、子どもたちの声でした。小学校のときに活動に参加していた子どもたちが、中学校でも活動を続けたいと希望したことから参加が実現しました。生徒数が多いこの学校では、教室が不足し時々外で授業を行っていますが、以前は日陰が無く、暑くて埃も多いため勉強するには辛い環境でした。2012年から植林を始め、水やりなど管理を続けた結果、今では植林したところが小さな森になりました。子どもたちも今は、木の下で勉強したり、遊んだりすることができます。2014年の活動では、水を大切に使いながら、前年度に植えた木の管理やごみの分別に力を入れました。

「ゴミを捨てないで!」とメッセー ジを掲げるミンカン君
「ゴミを捨てないで!」とメッセー ジを掲げるミンカン君

 活動に積極的に参加しているミンカン君(12歳)は、「木のことがわかるようになって嬉しい。木がないと、酸素もできず、降った雨もすぐ流れてしまいます。なくなった森をもう一度育てるには何十年もかかります。友達にも話して、今ある森を守り、これからも一緒に緑を増やしたいです」と抱負を語ってくれました。先生たちも子どもたちのサポートを行いながら、環境のことを真剣に勉強しています。今年も皆で協力して、森がもっと大きく成長するよう、大切に守っていきたいと思います。

タウンウー中学校 Taung Oo High School

●活動開始年 2012 年 ●生徒数 488 人
●所在地 Taung Oo Village, Yesagyo Township, Magway