新型コロナウイルスに対する取り組み(7月6日時点)

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、5月25日からスタートした緊急募金ですが、現在個人・団体を合わせて約30件のご協力をいただいています。日本国内においても、感染者数が再び増加傾向にあり、不安定な状況が続く中、温かいご支援をお寄せいただき、誠にありがとうございます。 

 

海外の現場においては、状況が落ち着き、規制緩和が進む地域がある一方、感染拡大が続いている国も多く、予断を許さない状況が続いています。感染の多くが、都市部で起きているため、関係者への直接的な感染被害は出ていませんが、それでも移動制限などの各種措置によって、食料が高騰したり、職を失うなど、困窮している人々が多く出ている状況です。 オイスカでは、これまで経験したことのない不安の中に暮らす人々に寄り添い、生活を立て直す支援活動を続けていきたいと考えています。

 

今回、物資支援を行ったミャンマーより、インタビュー動画が届きました。

受益者の一人(マグウェイ地域エサジョ郡ヤジゴン村在住)からご協力いただいた皆さまへのメッセージとなりますので、是非ご覧いただければ幸いです。

今後とも温かいご支援、どうぞよろしくお願い致します。