2016年

8月

04日

2016.8 Philippines-1

植林活動やその準備には地域住民の協力が欠かせません
植林活動やその準備には地域住民の協力が欠かせません

長年の活動が目に見える成果に!

 

ビスタヒル小学校は、ブエナビスタ山の麓に位置する学校で、230名の子どもたちが通っています。子どもたちと地域住民にもっと環境問題に関する知識と関心を持ってもらうために、今から20年以上前の1993年に「子供の森」計画に参加しました。当時の校長先生も、実体験を通じて学ぶことが一番の教育だと信じ、活動に協力しました。活動を始める前、学校の周囲は全く木が無く、草原でしたが、子どもたちや地域住民の努力して植林活動や管理活動を続けたことで、少しずつ森が育ってきました。

植林の前には、苗木の種類や植え方についてのレクチャーを行います。
植林の前には、苗木の種類や植え方についてのレクチャーを行います。

 2015年は、よい木材になるマガホニー、成長が早いユーカリに加え、近年数が少なくなっている郷土樹種など150本の苗木を植え、管理活動を行いました。以前と比べると、今この学校は子どもたちが育てた木々に取り囲まれ、そうした成果を目の当たりにすることで、環境を守ることの大切さに対する地域の人々の理解も少しずつ深くなってきているようです。今後は植林活動に加え、ゴミの分別についての指導にも力を入れていく予定です。

Vista Hill Elementary School/ビスタヒル小学校

●活動開始年 1993年 ●生徒数 230人

●所在地 Vista hill, Bayombong, Nueva Vizcaya