2016年

8月

04日

2016.8 India-1

リサイクル工作の展覧会でお客さんに説明を行いました
リサイクル工作の展覧会でお客さんに説明を行いました

子どもたちの積極的な姿に感動!

 

サビトリ・バイ・ピューレ・バリカ・インターカレッジは農村地帯にあり、敷地内には広大な農地があります。生徒数は1500名で、学校全体の生徒と先生が参加し自主的に毎年植樹祭を行っています。こうした自主的な動きに加え、更に環境意識を高めるために2011年から「子供の森」計画の活動がスタートしました。

環境ワークショップでは緑化の大切さを伝える劇を行いました
環境ワークショップでは緑化の大切さを伝える劇を行いました

活動では、生徒たちと一緒に、エコプロジェクトとして①リサイクル工作、②買い物袋をもらわない「NOプラスチック」運動、③薬草として使用するためのハーブ園、④ゴミの分別、⑤環境絵画コンテスト、⑥環境ワークショップ、という6つのプログラムを行いました。活動の幅を広げたことで、学校環境が綺麗になるとともに、子どもたちが以前より積極的に活動に取り組むようになりました。先生たちも子どもたちが、学校や外に落ちているゴミをなくそうと、また緑を増やそうと積極的に活動をしている姿を見て、その成長をとても喜んでいます。2016年は前回までのプロジェクトを引き継ぎながら、森の中で自然を体感し、ふるさとの自然を学べるようなエコキャンプなども行っていきたいと思います。

 

Savitri Bai Phule Balika Inter colledge/サビトリ・バイ・ピューレ・バリカ・インターカレッジ

●活動開始日 2011年 ●生徒数 1500人 

●所在地 Kasna, university road, Greater Noida, State of Uttar Pradesh.