2016年

6月

28日

2016.6 Fiji 2

植えた苗木に水やりをするパウリナさん
植えた苗木に水やりをするパウリナさん

ふるさとを守る木々を育てよう

 

ナワイ学校は、穏やかな農業地帯にあり、子どもたちの両親のほとんどがサトウキ ビの栽培で生計を立てています。この学校で「子供の森」計画がスタートしたのは、2 015年4月9日。環境のセミナーと植林活動を行いました。セミナーでは、自分た ちの国フィジーの、そして世界の環境問題について学んだり、それを解決する一つの 方法として、木の持つ役割について皆で考えました。植林活動においては、果物や郷 土樹種の植林に加えて、大きく育って日陰ができるようにマホガニーの木を校庭に植 えました。

グリーンウェイブで植えたサポジラ(チューインガムの木)
グリーンウェイブで植えたサポジラ(チューインガムの木)

活動に参加している11歳のパウリナさんからは、「活動ではみんなで楽しく木を 植えました。植林した後は暑い日が続いているので、元気に苗木が育つよう水やりを 頑張っています」という話が聞けるなど、植林以降も積極的に木の世話をしている様 子が伺えます。この地域は乾燥が厳しく、特に乾季には水不足に悩まされますが、将 来大きく育った木々が地域に潤いをもたらしてくれるよう、水管理に気を付けながら 子どもたちとともに大切に育てていきたいと思います。

Nawai  Public School/ナワイ学校

●活動開始年   2015年  

●生徒数        126人

●所在地        Nawai, Malamala, Nadi