2016年

5月

12日

2016.5 Inner Mongolia -1

苗木の植え方を真剣に学ぶ子どもたち
苗木の植え方を真剣に学ぶ子どもたち

自然との共に生きる文化を大切に

阿拉善左旗モンゴル族学校は、阿拉善(アラシャン)で唯一の9年生教育のモンゴ ル族の学校です。モンゴル族の伝統文化である自然を守り、自然と共に生きる活動を 行いたいということから2013年に「子供の森」計画に参加しました。生徒は遊牧 民の子どもたちが多く、約半数は親元を離れて寄宿生活をしています。家業に直結す ることから、砂漠の問題に非常に関心が高く、環境を良くしたいという気持ちから、植 林やゴミ拾いなどの地域の環境保護活動も積極的に行っています。また学校教育の 中でも環境保全活動に力を入れるようになりました。

暑い中でも頑張りました!
暑い中でも頑張りました!

2015年は砂漠化防止の活動を理解するための植林活動に取り組み、学校と地 域をあげて環境保全の大切さについて考える機会も設けました。小学部4年生の児 童からは「暑くてとても大変だけれど、いつも教室での勉強ばかりなのでこうした屋 外に出ての活動は毎回楽しみです」とうれしそうに話しており、楽しい学びの時間に なっているようです。2016年も引続き植林を行いながら、環境をテーマに地域の 人々との交流会を実施していきたいと考えています。

Alashan  Mongolian School/拉善左旗モンゴル族学校

●活動開始年    2013年    ●生徒数    679人

●所在地   阿拉善左旗巴彦浩特鎮西花園北街