2016年

5月

11日

2016.5 Cambodia -1

植えた苗木の様子を観察
植えた苗木の様子を観察

ふるさとの木を学ぼう

ダムリル小学校は、周りを田んぼに囲まれたのどかな地方にある児童数684人の学校です。学校周辺には数本のヤシの木があるだけで日陰が無く、勉強するにも遊ぶにも暑くて大変だったことから、先生たちが危機感を抱き「子供の森」計画へ参加 することになりました。

皆で協力して水やりも忘れません
皆で協力して水やりも忘れません

2015年は植林と環境ワークショップを行い、数が少なくなっているメンガやコ キ、カンボジアの象徴であり美しい花をつけるラムドゥアンなど合計525本の苗木 を植えました。以前はほとんどの子どもたちが木の種類について知りませんでしたが、活動を通じて地域にある木や植物についても学ぶことができたようです。また校 内すべてのゴミ箱を管理し、ゴミ集めも徹底した結果、教室がきれいになりました。先生たちも活動に積極的で、「子どもたちが木を愛すること、学校の環境をきれいに保つことの大切さを学ぶとてもよい機会になっており、本当に嬉しく思います」といった喜びの声も聞こえています。2016年は引続き植林をしながら、学校の環境をよくするために、子どもたちと緑あふれる庭園づくりにも挑戦していきたいです。

Damril  Primary School/ダムリル小学校

●活動開始年    2015年    ●児童数    684人

●所在地    Damril, Oraing Ov District, Tbong Khmom Province