2015年

6月

15日

Indonesia 2015.6-4

地域在来種のモクレンを植えました!
地域在来種のモクレンを植えました!

~ひとつの木から環境問題へ~

 MTs トリトコル ヒダヤ イスラム中学校は、ハリムン-サラク山国立公園の近くに位置し、住民の多くは農業で生計を立てています。木が植えられていない土地が今も多くあるため、土砂崩れが頻繁に起こることが問題になっています。子どもたちに、植林活動を通じて、環境を守る大切さについて学んでほしいという思いから、「子供の森」計画に参加しました。初めての活動では、活動をよりスムーズに進めるため、校長先生と先生たちに対して、活動やその意義についてのプレゼンテーションを行い、理解を得ました。

 このプログラムに参加している、13歳のジャカは、「私は小学生の時にこの活動に参加していました。中学生になって再び参加できることがとてもうれしいです。友達にもたくさん参加を呼び掛けて、一緒に木を育てていきたいです」とその思いを語ってくれました。

今後は環境教育や有機農業などにも取り組み、活動の幅を広げていく予定です。

MTs トリトコル ヒダヤ イスラム中学校 / MTs Thoriqotul Hidayah

●活動開始年 2014年 ●生徒数 300人

●所在地 Kampung Bojong Honje, Desa Kalapa Rea, Kec. Nagrak,Kab. Sukabumi