2015年

5月

07日

2015.5 Sri Lanka-2

コーディネーターから苗木の植え方についてレクチャーを受ける子どもたち
コーディネーターから苗木の植え方についてレクチャーを受ける子どもたち

子どもたちから生まれた「3 分間スピーチ」

 

 テンビリポラ学校での「子供の森」計画は、他の学校で活動に参加したことがある校長先生が先頭を切って参加することで、スムーズに活動が進んでいます。  
 2014年の活動では、子どもたちはグアバやマンゴーの木の苗木を植え、日々大切に植えた木の管理を行いました。またこの学校では、毎週月曜日に朝礼があり、生徒たちは自分の興味があることについてスピーチをしています。「子供の森」計画が始まってから、ほとんどのスピーチが環境をテーマにしたものになったため、環境についてのスピーチには、別に3分間の時間を設けることになりました。この時間は生徒たちによって「自然からのひとしずく」と呼ばれています。短い時間の取り組みですが、継続することで環境に対する子どもたちの意識は確実に変わってきています。

「植えた苗木は卒業まで大切に管理します」と語るクマリさん
「植えた苗木は卒業まで大切に管理します」と語るクマリさん

 「今回この学校の校長として、活動に参加できたことを誇りに思います。ふるさとについて考えるとき、私は今まで長い間人々が忘れ、蔑ろにしてきたもののことを思い出します。ふるさとの自然を守り、子どもたちの心に緑を愛する気持ちを育てられるよう、これからも精一杯活動に協力します」と語ってくれた校長先生。皆に見守られて取り組む子どもたちの活動に注目です!

テンビリポラ学校 Nika/ Wari Thembilipola School

●活動開始年 2014 年 ●生徒数 130 人●所在地 Ithanawatta, Bamunakotuwa