2015年

2月

13日

2015.2 Fiji

25日、シンガトカに位置するラウニトゴ小学校で、「子供の森」計画の活動を行いました。

今回は生徒を2グループに分け、1つは植林を行い、ココナッツやマホガニー、 レモンなどを含む全33本の苗木を植えました。


そして、もう1つのグループは「子供の森」計画の歌を歌いました。

 

歌というのは、昨年完成した「子供の森」計画テーマソング森の息吹(熊本県出身のフルート奏者・栗谷かずよさん作詞作曲)のことです。

この歌の「森を守ろう 森を育てよう 未来へつなげていこう『子供の森』」という
日本語の歌詞を、現地のスタッフの方々と一緒にフィジー版に替えたものと、
昨年来日したインドネシアとミャンマーの子ども親善大使たちが考えた振り付けを、
フィジーの子どもたちに紹介しました。

 

子どもたちが森の息吹フィジーver.を歌って踊っている様子は、こちらからご覧になれますhttp://youtu.be/DkeIhjp3nmk


はじめは恥ずかしがっていた子たちも、だんだんと歌に入りこんでいきます。学校の先生方もとても熱心で、これからもっと子どもたちに練習させるとおっしゃっていただきました。

この歌と踊りによって、世界の子ども達がさらに森や自然のことを考えていくきっかけになれるよう、今後他の国々でも広めていく予定です。

Lyrics of "Mori no Ibuki" (Fiji version)

Little growing new lives, tree seedlings, are carried by our palm to ground the earth
They are the precious lives for us, and become a member of a forest family
They have grown taller than I am, by breathing sunshine and water
They the precious lives that protect us, from strong wind and rain

 

Let us protect, our forest
Let us grow, our forest
Let us protect our forest
For the future of Fiji

 

A wind blew and say something to me, Mother Earths voice can be heard from it
Let us adopt and love green, by our every little effort within
Hope this forest leaves 10 to 100 years, survive forever and ever
Little lives begin their life and survive, will last forever.

 

Let us protect, our forest
Let us grow, our forest
Let us protect our forest
For the children of Fiji.

 

Our tiny, Our tiny steps, to plant and manage a tree, will make a huge forest, a home for living thing.

ラウニトゴ小学校 Raunitogo Primary School

・活動開始年:1994年 ・生徒数:93人 ・所在地:Sigatoka