2014年

4月

16日

2014.4 Thailand-1

日頃の活動でクワの使い方もお手のもの!
日頃の活動でクワの使い方もお手のもの!

『継続は力なり!』

バーンパーボングタオゲンチャン学校は山間部の平地に位置し、児童のほとんどは山岳民族の子どもたちで、両親のもとを離れて寮生活を送っています。寮生活ということもあり、子どもたちの放課後の活動が非常に盛んで、数々の賞を受賞しています。この学校が「子供の森」計画に参加したきっかけは、学校に木がなく殺風景で、子どもたちが外で遊んだり休んだりする場所がなかったからです。活動が始まってから、子どもたちは積極的に植林に取り組み、また植えた木をしっかりと管理しています。今では木々は大きく成長して小さな森になり、子どもたちが野外活動で休める木陰を作るほどになりました。大きく育った木々を見て子どもたちはその成果を誇りに思っています。

活動の成果を写真で発表。
活動の成果を写真で発表。

また有機農業にも取り組み、栽培した野菜を収穫し、学校で安全な食材の料理を食べることができました。今後は、有機農業にも力を入れながら、環境キャンプやリサイクル活動にも取り組んでいきたいと考えています。

バーンスアンルアング学校  Bansuanluang School

・活動開始年:2003年 ・生徒数:52人 ・所在地:Takumngern Sub-District, Maetaa District, Lampoon Province