2014年

4月

16日

2014.4 Malaysia-2

さぁ!これから新しい木を植えるぞ! 気合十分の子ども達
さぁ!これから新しい木を植えるぞ! 気合十分の子ども達

『自然に学ぶ。自然と学ぶ。~自然と共に成長する子ども達~』

2003年に「子供の森」計画のコーディネーターが訪問したことをきっかけに活動を開始したSMKロハン中学校。この学校は東南アジア最高峰のキナバル山のそばにあります。キナバル山の標高は富士山よりも300mほど高く、そのふもとでは多種多様な動植物が生息しています。世界最大の花、ラフレシアも見ることができます。そんなキナバル山を地元の人は聖なる山として古くから崇め奉っています。そのような環境が近くにある子どもたちは、みな学ぶ意欲が高く、環境保全についてもっと学び知識を深めたいと真剣にセミナーに耳を傾け、植林活動にも精力的に取り組んでいます。

リンボーダンスの衣装とロープも、自分たちで育てた木から作りました。
リンボーダンスの衣装とロープも、自分たちで育てた木から作りました。

子どもたちは休み時間に木々の下で遊んだり、自分たちが育て上げた木々の果実を食べたりして、少しずつ育っていく森を見て大喜びです。また、課外活動の一環として、木々の下で環境についてのディスカッションも行っています。自然の中に身を置いて、自然について考えることで、より身近な問題として環境問題を捉えることができています。子どもたちは植林した木を自分の子どものように大事にしていますが、その一方で木々や自然に教えられ、また温かく見守られて日々成長しています。今後も子どもたちと森の成長をしっかりと見守っていきたいと考えています。

SMKロハン 中学校 SMK Lohan Secondary School

・活動開始年:2003年 ・生徒数:1,200人 ・所在地:SMK Lohan Ranau, Sabah