2014年

4月

15日

2014.4 Bangladesh-2

奥に見えるのが学校の校舎。子どもたちの学習環境を守るためにも植林が必要
奥に見えるのが学校の校舎。子どもたちの学習環境を守るためにも植林が必要

『ようこそ!「子供の森」計画へ』
~2013年度新規参加校紹介~

「子供の森」計画のコーディネーターが声をかけて、2013年に活動をスタートさせたチャコリア ヌルル アミン小学校。広い学校の敷地は更地のままで殺風景でした。そこでまず最初に行ったことが、アカシアなどの苗木の配布と植林でした。子どもたちは初めての植林に大喜び。多くのバングラデシュの学校と同様、トタン屋根で作られた彼らの学校の校舎は、日差しを浴びると非常に暑くなり、子どもたちにとってはつらい環境です。

初めての経験で慎重に作業する女の子。小さいころの経験が緑を愛する心を育みます
初めての経験で慎重に作業する女の子。小さいころの経験が緑を愛する心を育みます

植えた苗木を大切に育てることで、大きな緑が茂り、日光をさえぎり木陰をつくってくれることを子どもたちは心待ちにしています。また、この学校は他の学校に比べて敷地が広いため、さまざまな種類の樹木を植えていきたいと考えています。木材用の樹木に併せて、今後はマンゴーやレモンなど食べられる果樹の植林を行い、子どもたちにとって楽しめる豊かな森になるように活動を進めていきます。

チャコリア ヌルル アミン小学校 Chakoria Nurul Amin Public School

・活動開始年:2013年 ・生徒数:200人 ・所在地:Chakaria, Cox’s Bazar