2013年

5月

15日

2013.3 Thailand-8

子どもたちの畑
子どもたちの畑

『おいしい給食で元気に活動しています!』

タイ・チェンライ

バーンメーパックレ学校には幼稚園から中学校までが設置されており、ラーフー族の子どもたちが多く通っています。学校の敷地内には使われていない場所が多いため、空いている場所を植林地、野菜やバナナの畑、鶏や豚などの家畜飼育場として使用し、子どもたちが交代でそれぞれの世話を担当しています。学校の給食では、子どもたちが収穫した野菜、バナナ、鶏の卵が使われています。

鶏小屋の前で
鶏小屋の前で

また、飼育している動物の糞を畑の肥料としているので、子どもたちは、安全な給食を食べることができます。そんなおいしい給食を元気の源にして、子どもたちは楽しみながら「子供の森」計画の活動に参加しています。