2013年

4月

15日

2013.3 Papua New Guinea-1

涼しい木陰での朝会。
涼しい木陰での朝会。

『森とともに育つ子どもたち』

パプアニューギニア・ニューブリテン島ならびに周辺の島々

「子供の森」計画の活動に参加して10年以上が経つバリオラ小学校。学校の敷地内で立派に成長した森は子どもたちのお気に入りの場所となっています。長年に渡って地道に植えられた木々は立派な森へと成長し、広くて涼しい木陰をつくり出しています。そんな涼しい森の中で朝会が開かれ、子どもたちは空き時間を見つけては木陰に集まって遊んだり、マンゴーやスターフルーツなどの木の実を食べたりと、学校の森は大活躍です。

自慢の森をバックにみんなで。
自慢の森をバックにみんなで。

そんな森の恵みを感じながら学校での時間を過ごす子どもたち。環境に対する意識の変化も見られるようになってきました。積極的に植林に参加したり、木の手入れをしたり、環境保護の大切さについての授業にも熱心に参加しています。最近では、学校の敷地内で落ち葉や草を集めてたい肥を作り、苗木を植える時に使っています。森の成長とともに、子どもたちの環境保護意識も高まっています。

バリオラ小学校 Baliora Primary School

・活動開始年:2001年 ・生徒数:250人 

・所在地:Rabaul, East New Britain Province