2013年

4月

12日

2013.3 Fiji-2

同校敷地内にある幼稚園の園児も植林に加わった。
同校敷地内にある幼稚園の園児も植林に加わった。

『「子供の森」計画、再びスタート』

フィジー

「子供の森」計画の活動を開始して20年近く経つフィジーでは、以前活動に参加しすでに森を育て終えている学校も多くあります。ワイ小学校もその一つ。しかし、当時植えたフィジー松は成長した後伐採され、学校の新しい教室や宿舎の建設などに活用されました。

「子供の森」計画では、当然、植林した木は大切に育てることを教えていますが、子どもたちが勉強する学校にとってプラスになり、再植林をするなど次の森づくりへつなぐことができれば、木の活用も一つの森づくりの方法と考え、学校側にも継続的な活動を促しています。

苗木を持ち、植林への意気込みを見せる生徒たち。
苗木を持ち、植林への意気込みを見せる生徒たち。

ワイ小学校では、新しく着任した校長先生が「子供の森」計画のファンであり、伐採した場所や学校周辺に再び植林をしたいとの強い思いがあったことから協力の要請を受け、再度活動を始めることになりました。
校長先生の積極的なリードのもと、同じ敷地の中にある幼稚園の園児や保護者たちも植林に参加しました。小さな子どもから大人まで、幅広い年齢層の村人たちが一緒に活動することにより、森が長期的に大切に守り育てられるよう、これからも森づくりを進めていきたいと思います。

ワイ小学校 Wai District School

・活動開始年:2012年 ・生徒数:110人

・所在地:Lomawai, Sigatoka, Nadroga-Navosa