Green_Wave_2012_Report1

アクションプランを発表するザルファさん
アクションプランを発表するザルファさん

『アクションプラン実行!』

インドネシア・ジャワ島西部

 

ジャバール君とザルファさんは、5月に行われた「子供の森」計画子ども親善大使プログラムのインドネシア代表として、来日しました。10日間に渡って日本で行われたプログラムの中で、二人が作った「子供の森」計画アクションプランの最初のアクションとして挙げたことは、「自分たちの学校でグリーンウェイブ植林をすること」でした。

率先して木を植えるジャバール君
率先して木を植えるジャバール君

二人は帰国すると、すぐに自分たちの学校でのグリーンウェイブ植林を学校の友達に声をかけ、生物多様性の日である5月22日10時に実行!アクションプランで発表したとおり、見事なリーダーシップを発揮して、地域の3種類の木を校庭に植えました。

今回の子ども親善大使プログラムの参加者の中でも年下で幼く見えた二人ですが、日本の子どもたちと一緒に植林をしたり、「子供の森」計画を支援して下さる方々への活動報告をしたりと様々なことを日本で体験したことで、「子供の森」計画の活動に自信をもったようです。インドネシアから送られてきた写真に写る二人の自信にあふれた笑顔を見てスタッフ一同驚きました。これからも、プログラムで学んだことを生かして、学校の「子供の森」計画リーダーとして活躍していくことでしょう!

SBI Elementary School