2012年

3月

14日

2012.2 Bangladesh-2

後ろに見える建物が孤児院
後ろに見える建物が孤児院

『おいしいマンゴーを夢見て』

バングラディシュ

 

バングラデシュの教育制度は、小中高で12年間というのは日本と同じですが、イギリス統治時代の名残が見られ、Primary School(小学校)が5年、High School(中学)が5年、College(高校)が2年となっています。ここバグバリ学校には小中高と学校があり、大勢の子どもたちが通っています。そしてこの学校の敷地内には、学校とは別にもう1つの建物があります。これは、地域の有志によって建てられ運営される孤児院です。もちろんこの孤児院の子どもたちもバグバリ学校へ通っています。「子供の森」計画の2011年の植林活動は、特にこの孤児院の周りで重点的に行いました。子どもたちと一緒に考え「植えたい!」と選ばれたのはマンゴー。有志の寄付に頼る現状では孤児院の資金が十分ではありません。そこで、学校の緑化もでき、将来的に子どもたちへ果物を与えてくれるマンゴーが選ばれました。実ができるまではまだまだ時間はかかりますが、子どもたちは収穫を楽しみに大切に育てていってくれることでしょう。

『おいしいマンゴーを夢見て』

おいしいマンゴーを夢見て 

マンゴーの苗を丁寧に植樹
マンゴーの苗を丁寧に植樹

バグバリ学校 Bagbari Madrasa

●活動開始年:1994年 ●生徒数:630人 ●所在地:Bagbari, Kashimpur, Gazipur