2011年

7月

02日

州で一番のり!

多くの来賓の方と一緒になっての植林です
多くの来賓の方と一緒になっての植林です

インド:南インド

この学校は、アンドラプラデシュ州で一番初めに「子供の森」計画を実施した学校で、インド独立前の1922年に設立された伝統ある学校です。2010年10月に340本の苗木を植えました。「より多くの人たちに関心や共感を持ってもらいたい」と願いをこめて、薬として活用できる樹種の苗木を植えました。

学校の校舎に沿って苗木を植えています
学校の校舎に沿って苗木を植えています

この植林には、学校関係者のみならず、地域の行政官や森林局長といった地方自治体の関係者も参加しました。さらに世界第2位のソフトウェア会社であるオラクルからボランティアも参加しました。南インドではすでに多数の学校で「子供の森」計画が実施されています。その評判がすでにこの州にも広まっていたようです。
 植林イベントでは、子どもたちは伝統的なドレスで着飾りお客様を歓迎しました。 そして、まるでフェスティバルに参加しているかのように、苗木を植えることを楽しんでいました。

シャラダ学校 Sharada Vidyalaya School

●活動開始年:2009年 ●生徒数:500人 ●所在地:SHARADA VIDYALAYA SHAMSH EERGUNJ,HYDERABAD,ANDHRA PRADESH