2011年

7月

02日

NO ポリエチレン!

先生と一緒に植林する子どもたち
先生と一緒に植林する子どもたち

インド:北インド

ロータス・シャンガー学校は1997年に「貧しい労働者層の子どもたちに教育を提供しよう」という政策のもと建てられた学校です。インドの首都デリーの町外れにあり、子どもたちの親の中には文字の読めない人や日雇い労働者も多くいる貧困地域です。このような地域で「子供の森」計画を実施するのにはたくさんの困難がありましたが、先生たちから協力を引き出しながら活動を進めています。

環境保全活動の絵を描いています
環境保全活動の絵を描いています

今、デリーではゴミが重大な問題となっています。そのためデリー市内では様々なゴミ問題に対するキャンペーンが行われており、この学校でも一部を取り入れゴミ問題の対策を行っています。
 その中に「NOポリエチレンバック運動」があります。これは買い物の際、購入したものを入れるために提供されるポリエチレンバックを断り、天然素材のジュートバックを利用しよう!というもの。さらに、子どもたちは「手作り紙袋」を作ったり環境の絵を描いたりし、それを近隣の商店に配るような活動も行いました。学校に木を植えながら、学校の外の環境もよくしたいと、子どもたちは意欲を燃やしています。

ロータス・シャンガー学校 Lotus Schanger Public School

●活動開始年:2003年 ●生徒数:500人 ●所在地:R-Block HARI NAGAR EXTENSION PART-㈵, BADARPUR, NEW DELHI