2011年

7月

02日

鎮守の森を作りたい

丁寧に一本一本、女の子たちが植林します
丁寧に一本一本、女の子たちが植林します

インド:南インド

アダシュ・ビドゥヤ学校は2000年から「子供の森」計画に参加していましたが、学校が町の郊外に位置していたため、開始当初はまだ周りに緑があり、子どもたちも危機意識がありませんでした。しかし近年の急速な開発の影響を受け学校周辺も住宅地等に変わりつつあります。そのため子どもたちに環境についてもっと勉強してもらおうと、2005年に25名の子どもたちを集めラブグリーン・クラブを結成しました。

男の子たちはがんばって植林のための穴掘りをします
男の子たちはがんばって植林のための穴掘りをします

この学校では、在来種を中心に様々な樹種の苗木を毎年150本程植え、日本で言う鎮守の森の形成を目指しています。 また、学校の敷地内では苗床を作り、観察学習もできるように工夫され、学校教育の一環として取り組んでいます。また今年育てている苗木は、次の年の植林活動で植えられるように計画しており、持続的な活動になるようにしています。今後は自然観察や自然を体感する活動などを取り入れ、子どもたちの環境を守りたいという意識をもっと高めていきたいと考えています。

アダシュ・ビドゥヤ学校 Adarash Vidya Kendra H.Sec School

●活動開始年:2000年 ●生徒数:218人 ●所在地:VETTURNIMADAM, NAGERCOIL, KANYAKUMARI DIST. TAMILNADU